脱毛と永久脱毛の違い

脱毛と永久脱毛の違いを一口でいうと、脱毛の内の一つが永久脱毛です。家庭用脱毛器や脱毛ワックスを使っての脱毛では、一定期間後に発毛します。永久脱毛は、施術を行えば永久的に発毛しない、というわけではありません。米国電気脱毛協会の定義によれば、最後の施術後から1か月以内の発毛率が20%以内なら永久脱毛であるとされています。100本の毛を処理したら20以内なら永久処理されたということです。実際には、生えてきても産毛程度の短い細い毛ですし、それほど気にすることはありません。
発毛力や毛周期には個人差がありますから、その最大の値をとって定義しています。永久脱毛と言われる処理を行えば、セルフ脱毛に比べて仕上がりもキレイですhし、アフターケアもずっと楽です。

Leave a Response